2022年03月13日

甲子園のチケット

残念ながらアルプスではなく内野席
ですが、チケットを入手しました顔1(うれしいカオ)きらきら
DSC_2594~6.JPG
アルプス席でみんなと言う一緒に
応援する・・のが醍醐味なのかも
しれませんが、日焼けがどうのこうの・・
等々、まぁまぁ色々言う人と一緒に
行きますから『丁度良かったかな?』
と思ったりしておりますきらきら
東洋大姫路、14年ぶりの選抜出場顔1(うれしいカオ)きらきら
しっかり応援してきますきらきら




あら炊きと言えば鯛ですが、意外と
(意外でもないか?)美味しいのが
ヒラメきらきら
DSC_2594~5.JPG
食べるところは少ないですけど
鯛より身のキメが細かくていいですきらきら
特に美味しいのがうちわのような
しっぽの付け根きらきら
皮のゼラチン質がねっとりして最高ですきらきら
調理のポイントはとにもかくにも
『ウロコとり』
包丁でしっかりと取ったのち霜降り
して念入りに探りますきらきら
ウロコが一枚でも残っていたら
美味しさも半減ですからね顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)
見た目がイマイチだからか?
『美味しいよ』とすすめてもうちの
若い子達あまり食べませんけどね・・あせあせ(飛び散る汗)
(目を離すとすぐに捨てちゃう)
豊食の時代でも、こういう物を簡単に
捨てず、美味しく料理してこそ料理人と
言えるのかな?と私は思っていますが
時代遅れなんですかね?
これが自然に出来るのと、出来ない
のとでは、
『大成すると失敗するに別れる』
とさえ思ってますが・・顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)
posted by kaiseki-rofuu at 14:44| 日記